【終わりがないスマホという遊び】スマホに夢中になる子供たち

<スポンサーリンク>




子供たちが小さな頃からスマホやタブレットを利用させてきました。

まさにスマホ世代ですね。

 

ただ、スマホやタブレットってものすごく楽しいし、便利だし、飽きる事もありません。

その分、非常に危険だという事も認識しておきましょう。

 

我々大人だってスマホの依存症の方も多いですよね。

いつもスマホをいじくっている。

 

スマホが手放せない、スマホがないと不安になる。

って思い当たる節があるのでは?!

 

 

ゲームにハマる子供たち

よく子供にゲーム機を与える危険性を指定されるかと思います。

3DSなんかは子供向けのゲームも多いし、内容もシンプルで、ハマりやすいと思います。

 

でも…そんなゲーム機って、やりすぎれば意外と飽きます。

うちの子供も一時期思い切りハマっていたゲームも、ある程度やり込んでしまえば飽きてしまうようで(笑)

 

いつこのゲームは終わるのかと心配していたのを余所に全く遊ばなくなりました。

 

 

スマホは飽きる事がない

3DSのゲームより危険と思うのがスマホやタブレットです。

スマホやタブレットって飽きる事がないのですよね。

 

YouTubeを見れば無限と言えるくらいの動画があがっています。

AmazonPrimeビデオならアニメ全話公開などされています。

アプリもいくらでも公開されていますので、インストールすれば無限にゲームが遊べます。

 

大人でもなかなか自制が効かないのに、子供となればなおさらですね。

 

終わりがないし、飽きる事のないスマホは使い方のルールをキチンと決めておかなければ…ずっとスマホを触り続ける事になるので注意が必要です。

 

子供にスマホやタブレットを買い与える時は、夢中になってしまってスマホばかりしてしまうという危険性を認識しておきましょう!

 

 

 

なるべくスマホ以外の遊びを

子供にはなるべくスマホを触らせないようにしています。

スマホ禁止!と言えば反発する事でしょう。

 

子供の気持ちも考えて、ダメとか禁止とか言わずに自然に遠ざけるように取り組んでいます。

 

学校から帰ったら、まずは宿題をして、教材として購入してるポピーをする事からはじめます。

 

勉強って後回しにすればするほど、しんどくなります。

 

まずは宿題と家庭学習から。




そして友達と遊んだり、公園や買い物に出掛けます。

 

帰ってきたらご飯食べて、お風呂に入ってしていると、もういい時間になってしまいます。

そこから好きな事をさせるようにしています。

 

 

ゲーム機であろうが、スマホであろうが好きに遊ばせてあげます。

 

寝る時間までのわずかな時間は何をしてもいいっていう風にしていれば、自然とスマホ利用にも制限がかかってきます。

 

 

スマホで勉強をさせる

スマホのアプリの中には学習系のものもたくさんあります。

スマホを利用して勉強をする事もできます。

 

ただし、勉強に特化したタブレットに比べたら、使い方が自由なので子供はどんどんスマホで遊ぶことを覚えていってしまいます。

 

 

教えたことないのに、YouTubeで音声検索をしたり、ゲームアプリで遊んでいたり…。

スマホで勉強させておくという大義名分を利用してスマホで遊ばせておくというのは避けた方が、無難かと思います。

 

 

無理にスマホを使う必要はない

スマホを与えていれば子どもたちは夢中になって使います。

 

子供向けの動画やアプリもたくさんありますので、楽しく使ってくれる事でしょう。

 

親にとっても子供が夢中なってスマホしてくれていると楽なのですよね。

親が楽だからという理由で、スマホを与えない方がいいです。

 

なるべくスマホは避けられるなら避けた方がいいです。

 

 

 

コメント