【使い終わった療育グッズ】メルカリで発達障害関連グッズがよく売れます

<スポンサーリンク>




子供も小学生になって、学校へ通うようになってきてからは勉強の主体は学校となりました。

 

家に帰ってからは宿題をしたり、通信教材をしていると、もう1日が終わってしまうのですね。

 

家庭内療育をするにもなかなか時間を確保するのが難しいというのが正直な感想です。

 

わずかな合間の時間を利用して日常生活に関わる事を教えていっています。

 

 

幼児期の教材

ABAでもっとも時間をかけて取り組んでいた時期は幼児期です。

特に幼稚園入学前は、遊びを通しながら毎日数時間のABAに取り組んできました。

 

夫婦で時間を作っては、机の上で対面になりながらさまざまな事に取り組んできました。

認知能力を向上させる為に、パズルに取り組んだり、言語能力を高めるためにカード学習に取り組んだり…

 

手作りの教材もたくさん作ったものです。

 

休日にはまる1日手作り教材を作っていた事もありましたね。

 

そんな大量のカードや教材ですが、小学校に入学してしまうと、もう使うことはありません。

 

特に幼稚園入学前に利用していたカードは自宅の物置に眠っている状態です。

 

 

使わなくなった療育道具を売ってみる

このまま捨てるのはもったいないので、ハンドメイド商品としてメルカリに出品してみました。

 

他にも手先の訓練用に購入したさまざまなおもちゃも同時に出品しました。

 

 

どれも自閉症スペクトラムの長男が幼児期の療育として使っていたものばかりでそこそこ使用感があるものばかりです。

 

そんな中古品なんて売れるのかな?!と疑問を持ちながら、出品したわけですが、これがものすごい勢いで売れてしまいました。

 

出品→1時間以内に売れるみたいな感じですね。

 

特にABA用のカードは捨てるのもったいないなぁって思っていただけに、使ってもらえる方が見つかってよかったです。

 

夜な夜な必死で作った言語訓練用のカードは合計で1000枚を超えたかと思います。

 

 

小学校に入学してからはほとんど使うことなくホコリをかぶっていたのですが、利用してくれる方が見つかってよかったです。

 

 

ネットフリーマーケットの欠点

メルカリなどのネットフリーマーケットを利用する場合、経費がそこそこかかってしまいます。

 

まず売上げの1割をメルカリから引かれて、更に送料がかかります。

 

大きなおもちゃなんかは本体価格と送料が同じくらいなんて自体もおきます。

 

ネットフリーマーケットを利用する場合はなるべく高値がつきそうな小物を売るほうが儲けになりそうですね。

 

実際に売上をあげても、そこから経費を差し引いた利益は意外と少なく感じてしまいます。

ただ、自閉症スペクトラム関連グッズって必要がなくなったら捨てるか、売るかとなります。

 

自閉症スペクトラムの療育を考えておられる方に一定の需要がありますで、中古品でも使っていただけるならありがたいものですね。

 

 

 

コメント