【磁石の力】療育に遊びを取り入れるのに最適なブロック「ピタゴラス」

<スポンサーリンク>




子供が3歳くらいの時に好んで遊んでいたブロックがあります。

 

子供が自閉症スペクトラムと診断されて、少しでも成長を伸ばしてあげたいという切なる思いから…

 

遊びの中に療育を取り入れてきました。

 

 

その中でもイチオシが「ピタゴラス」というブロックです。

 

ぱっと見たところ普通のプラスチックのブロックなのですが、中に磁石が入っているので、磁石の力でピタッとくっつくのです。

 

この磁石の感覚が気に入ったみたいで、子供と一緒にたくさんピタゴラスで遊びました。

 

 

磁石の力

ピタゴラスは特殊な磁石が使われています。

 

強すぎず弱すぎず、程度な磁石の力なので子供でもピタピタつけ外しができるのが大きな魅力です。

 

磁石のおかげで、普通のブロックでは作ることのできないブロック遊びができるのです。

 

磁石はプラスチックのブロックの中に内蔵されているので小さな子どもでも安心して遊ばせる事ができます。

 

またピタゴラスにはブロックだけでなくプレートのバージョンもあります。

 

 

さまざまな方向で磁石がくっついていくので、子供の自由な発送でブロック遊びの幅が広がるのが魅力です。

 

磁石のくっつく感覚も最高ですね!!

 

 

こちらは基本的なブロックパーツのセットです。

はじめてのブロック遊びには基本セットで十分遊ぶことも可能です。

 

小さなお子様がブロックでガチャガチャして遊ぶのに最適なのではないでしょうか?

 

 

こちらはブロックの数が増えてさまざまなものが作れます。

ロボットに動物に想像次第で自由自在に何でも作れてしまうのが魅力的ですね!!

 

 

こちらはピタゴラスのプレートバージョンです。

平面を組み合わせて、さまざまな立体を作り出していけます。

 

ピタッとくっつく磁石の感覚がやみつきになりそうな感じですね!!

 

 

コメント