発達障害の子供が働いていく為に。子供の将来が不安です。

<スポンサーリンク>




発達障害の子供と抱える親として気になるのは、この子がどのような将来を送ってくれるかという事かですね。

 

「特にどうやって生きていくか?」

 

どんな仕事をして、お金を得て、生活をしていくか?が気になるかと思います。

 

生まれた頃は本当にかわいい赤ちゃんで、ただこの子が健康に成長してくれればそれでいいとも思っていました。

 

生まれて、幼稚園に入って、あっという間に小学生です。

 

いつまでも子供らしい部分が残っていて頼りないと心配します。

 

そして、年齢が上がるにつれて「就労」について考えさせられます。

 

発達障害の子供も将来は自立して生きていかなければいけません。

 

発達障害の就労支援や雇用は、ここ数年でかなり認知度があがると同時にサポートされるようになってきました。

 

では長男が仕事をして生きていけるかと言えば別問題になってくるのですよね。

 

発達障害と共に知的障害も伴っているので、仕事をするとなればその壁は非常に高くなってくる事でしょう。

 

発達障害の子供の親にとって、子供の将来についてずっと心配がつきまといます。

 

 

知的障害があっても仕事はできる

軽度から中度の知的生涯があっても仕事をしていっておられる方はたくさんいます。

 

知的指数が高い発達障害に比べれば、単純作業に向いていたり、自分への評価がそこまで気にならないからと言われています。

 

もちろん知的障害がある分、能力的にも劣ってしまうし、高度な仕事を要求するとパニックをおこしてしまったりする事でしょう。

 

しかし、自分の環境に見合った単調な作業や、繰り返しの作業ならそれを苦痛と思わずに続ける事もできます。

 

人間関係のこじれなども少なく、比較的仕事が続けやすいとも言われています。

 

知的障害のない高機能型自閉症や、アスペルガー症候群な方などは見た目にもの生涯の有無がわかわず、なかなかその特性を理解してもらえなかったり、高いプライドが邪魔をするなんて事もあるそうです。

 

 

子供に合った仕事を見つけることができれば、知的障害があっても働く事はできます。

 

 

収入の低さは問題

企業の障害者枠や、就労継続支援A型で働くことができれば、最低賃金以上の給料が支払われる事になります。

 

パソコンにデーター入力や、工場などでの軽作業など職場によって仕事ないようはさまざまです。

 

一方で就労継続支援B型となれば企業との雇用契約を結ぶのが困難な方が、比較的かんたんな作業を短時間から行うことが可能な福祉サービスの一つです。

 

 

障害の程度や体調などに合わせて、自分のペースで働く事で、生活のリズムを整え、就労に関する能力向上を目指すことになります。

 

ただ、給料は極めて低く月に1万円~2万円程度の方が多いと言われています。

 

そんな金額では生きていくことができないので、障害年金などを併用する事になるかと思われます。

 

発達障害で本当に困って追われる方は福祉サビースを受ける事もできず、それでいてその特性からコミュニケーションを取るのが難しかったり、物事の順序を立てるのが苦手で社会に出るに出られない方だと思います。

 

 

まさに福祉の狭間におられる方ですね。

 

 

実際に長男が大人になる頃に、どのくらいの能力がついて、どのような仕事ができるのかはまだ想像が付きませんが、間違いなく発達障害独特の特性はありますので社会で困るだろうなという事は予想が付きます。

 

そんな特性を抱えながらもいかに生きていくのかを子供の頃から考え、療育に取り組んでいく必要があるかと思います。

 

コミュニケーションの技術や、考え方などは短期間でどうこうなるものではなく子供の頃からの積み重ねです。

 

特に発達障害の子供の場合は、その特性から生きづらさを感じている訳で、そこを考えて対策していく必要があるのですね。

 

 

 

 

コメント