発達障害の相談で病院を受診する際に気をつけたいこと。

<スポンサーリンク>




もしかしたらうちの子、発達障害かもと思った時、一番悩むのは病院にいって診断を受けるべきかどうかという事です。

発達障害を抱える親御さんの多くは「もっと早くに相談しておけばよかった…」という感想を持たれます。

 

 

医療機関で適切なアドバイスをいただいた上で、その子に合わせた療育を受けさせてあげる事ができます。

早期療育を受けさせてあげるには、まずは医師から診断を受ける必要がでてきます。

 

 

しかし、親は自分の子供が障害児だという事を認めたくない葛藤にさいなまれます。

 

これはきっと何かの間違いで、時間が経てば子供は成長してくれるだろうという根拠のない願望を持つわけですね。

 

 

この考えをずるずると引きずって2次障害が起こってどうしようもなくなってから受診というパターンが見られます。

 

 

仮に発達障害という診断を受けても、目の前のかわいい子供自身は何も変わりません。

 

 

診断を受ける事で、その子にとって必要な支援についてアドバイスがもらえますし、困ったことがあれば相談できるようになります。

 

 

長い目でみれば早く診断を受けて、早期療育でその子の成長を促してあげるほうが、より社会に順応しやすくなると言えるでしょう。

 

 

情報が多すぎて混乱する事も

最近では発達障害に関する情報がたくさん手に入ります。

 

特にインターネットで検索すれば、かなりの事例を見る事ができるでしょう。

 

専門書もたくさん売られています。

ただ、情報が多すぎて、親を混乱させる場合があります。

 

発達障害はその特性や程度は個人によって違います。

本に書いてあることが当てはまる子もいれば、全く当てはまらない子もいます。

 

一つの特性をとってもても、まわりから見ていて気にならない程度の子供から、生活に支障をきたすくらいきつくでてしまう子供もいます。

 

専門医はそれこそ毎日、さまざまな発達障害の子供を見続けていますので、より客観的な判断を下してくれる事でしょう。

 

情報が多すぎて混乱しているならいっその事、その判断をプロに任せてみるのも大切です。

素人があーだこーだと言っていても、何も進みません。

 

肩をはらずに、子育ての相談の一環として、発達支援センターや専門医に相談してみてもいいと思いますよ。

 

 

小児精神科は込んでいる

発達障害の専門医は小児精神科、児童精神科の先生になります。

 

しかし、そういった専門医は人口の多い都市部に集中して開業されていますので、地域によっては何時間もかけて受診しに行く必要があります。

 

中には紹介状が必要だったり、予約を取るのに何ヶ月もかかる場合があります。

 

 

とりあえず予約だけしておいて、取り急ぎ相談をしたいならかかりつけ医の小児科の先生に見てもらうのも一つの手です。

 

小児科医の先生は子供の発達過程について詳しいので、相談に乗ってもらえる事でしょう。

急をいそぐようなら専門医を紹介してもらえるかと思います。

 

 

病院受診の際には聞きたい事をまとめておこう

予約期間を待ってやっと小児精神科の受診となった時によくあるのが、いざ受診した時に聞きたいことや言いたい事が何も言えなかったという事です…。

 

スムーズに受診をすすめる為に用意ししておきたいものがあります。

 

 

まずは母子手帳です。こちらには出産時の様子や、検診時の様子、予防接種の情報がわかります。

そして、過去に発達支援センターなどでK式発達検査などを受けたことがある場合はその結果を持っていくとよいでしょう。

 

普段気になる行動や、親として疑問がある事はしっかりとメモをしておいて受診時に伝えられるようにしましょう。

 

また聞きたいことや悩んでいる事があるなら、その事もメモをしておいて受診時に聞いてみればいいかと思います。

 

あと、せっかくの小児精神科の受診ですので、できれば夫婦で先生の話を聞きたいですね。

 

とお申しますのも、子供の発達状況が遅れている事を父親が認識できていなかったり、認めたがらない場合が非常に多いからです。

 

 

夫婦で専門医の意見を聞き、共通の認識を持つことは重要です。

 

過去には、子供が支援級や発達支援学校に進学になって、はじめて自分の子供が発達障害だったと知る父親もいたそうです。

 

子供の教育は母親だけがするものではなく、夫婦で協力して行っていくものです。

 

 

お父さんは休日に公園に連れて行ってあげて存分に遊ばしてあげたり、役割分担をしていけばいいかと思います。

 

 

診断はどのように行われるのか?

診断を下すのは医師でその為に、診断基準となるチェックリストをつけてみたり、医師自身が子供に接して様子をみます。

 

そして、大切なのは親の話です。

 

 

普段、子供はどんな行動をとっていて、どういう事に困っているのか?どういうトラブルを起こしているのかを訪ねていきます。

そこに発達検査や知的検査を加えて、総合的に見て診断を下すことになります。

 

場合によってはその場で診断を下せない場合もあるようです。

医師の見立てや診断に基づいて、その子の強みや弱みがわかってくる事でしょう。

 

そして今度、どういった支援を受ければいいのか、こういう場合にはどう対処すればいいのかアドバイスをもらうことができるでしょう。

 

このブログで繰り返しいっていますが、大切なのは診断を受けることではなくて、今後どのように子供を成長させてあげるかなのです。

 

診断結果より大切なこと。

 

それはその後、いかに対応して、いかに子供と接して、いかに環境を整えてあげるかにかかっているのです。

 

コメント