発達障害の子供にとって一番必要な支援は何なのか?親が見極めてあげましょう

<スポンサーリンク>




発達障害のある子どもの子育てについてですが、最初は自分の子供がまさか発達障害だなんて思っている訳はありません。

 

当然、普通に普通の子供として育っていってくれるものとして信じて育てているわけです。

 

そんな子育ての中で、うちの子供はまわりの子供と何か違いような気がする…

 

でもそれが個性だと言われればそうだし、何か発達障害的なものがあるのか…いったい何なのかわからないという事で並んでおられる親御さんも多いのではないでしょうか?

 

 

 

現実を受け入れられないのも当然です

発達障害の難しいところは、必ずこういう特徴がでるとかこういう成長過程をを遂げるとか決まったパターンがわる訳ではありません。

 

 

だから親はこの子がどこか違うという感覚が何なのかはっきりとわからない事が多いのです。

 

 

そしてそんな不安を抱えながら発達相談センターや、専門病院で相談すると発達障害や、自閉症スペクトラムなどなんらかの診断がつくことが多いことでしょう?

 

 

えぇ私の子供は障害児だったの?今まで普通の子供として育てていたのに突如下された障害者としての診断…。

 

 

まさに目の前の現実を受け入れないとはこの事です。

 

 

昨日まで普通に一緒に暮らして、一緒に遊んでいた子供は障害児なのです。

 

 

その子の将来を考えると、さらに大きな不安が押し寄せてきます。

 

 

 

この子は将来どのような人生を送るのか?よりよい人生を送ってもらうために親は一体何をしてあげれがよいのかまた別の悩みが押し寄せてくる事になります。

 

 

そして発達支援センターからは特別支援教育や、療育などを薦められたり、病院で専門的な検査や運動療法・言語療法など数多くの事を言われて頭いっぱいになってくる事でしょう。

 

それで当然だと思います。

 

 

発達障害と診断されてそれを受け入れるまでには時間がかかるのは普通です。

最初は信じられないという気持ちや医師の誤診ではないかという気持ちにもなるでしょう。

 

しかし、目の前にいる子供と接し続けるうちに、診断を受け入れられるようになって、これからどう生きていけばいいのか考えるようになります。

 

 

将来の見通しはどんな感じで、この子はどうやって生きていけばいいのか真剣に考えるようになります。

 

 

その時が療育のスタートなのですね。

 

子供が少しでも社会の中に溶け込んで、社会の環境を整えてあげるのが療育なのです。

 

そして障害を持つ子供が少しでも社会で生きやすいようにしてあげるために、幼児期から専門的にな教育を受けさせてあげる事こそが療育なのですね。

 

 

知識が役立つとは限らない

学校や視覚の勉強と違って、発達障害に関しては本で学んだことがすべて通用するかと言えばそうとは限りません。

 

さきほども申しましたとおり、発達障害の特性や特徴は十人十色です。

 

特徴の出方も違えば、その程度も違うし、さまざまな特徴が組み合わさってくる場合もあります。

 

また知的障害を併発している場合や知的障害なない場合などパターンはさまざまなので、一冊の本を読んだからといって発達障害の事を理解できる訳ではありません。

 

本には一般的な発達障害などの特徴や子供の行動について、書かれてその対処法が書かれていますがそれが、すべての子供に当てはめられるという単純な話ではないのです。

 

 

発達障害の場合、インフルエンザA型、インフルエンザB型、おたふく風邪、水疱瘡みたいに検査のももと厳格な診断をくださせる訳ではないのです。

 

子供の特性に基づいて診断は下されても、その子供のさまざまな特徴の一部でしかない場合もあります。

 

 

最後は親が子供と触れ合う中で子供の特徴をしっかりと理解して、本当に必要な支援はなんなのかを見極めて動いていく必要があります。

 

発達センターの職員の方や医師に具体的にこういった事で困っているからアドバイスが欲しいと相談しなければ前にすすめません。

 

また同じ専門家でも答えが違う場合もあるのが発達障害なのです。

 

 

さまざまな本や専門家からたくさんのアドバイスを頂いて、子供をどのように育てていくかを決めるのは親なのです。

 

子供の将来に責任を持つのは他の誰でもありません。

 

 

親が子供の事を一番理解してあげられているのだから、必要な支援や、教育または療育が何なのか見えてくるはずなのです。

コメント