遊びにも療育にも最適です。2歳前後の子供の才能を伸ばすおもちゃ10選

<スポンサーリンク>




子供には年齢や成長に合わせたおもちゃで遊ばせてあげたいものです。

 

子供は2歳位になるとどんどん想像力が豊かになって、さまざまなものに興味を持ち始めます。

 

同時に遊びの幅も広がってくるので、おもちゃ選びが難しい時期でもあります。

 

 

この時期にしっかりと遊ばしてあげることで、指先の器用さや、発想力、想像力などさまざまな能力を伸ばしてあげる事ができます。

 

 

今回は2歳前後の子供に遊ばしてあげたいおもちゃを10個紹介させていただきます。

 

自分の子供が興味を持ちそうなおもちゃや、ここを伸ばしてあげたいという目的があるおもちゃでぜひとも遊ばせてあげてください。

 

 

アンパンマン おしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX

子供が大好きアンパンマンのキャラクターと一緒に言葉を学ぶことができます。

図鑑の絵をタッチするだけでアンパンマンのキャラクターが言葉を教えてくれます。

 

ページごとにテーマがあって、たくさんの数の言葉を学ぶ場にもなります。

 

二語文モードもあるので単語の次に文章を覚えていくきっかけにもなります。

 

まずは単語をしっかりとマスターして次は二語文とステップアップして言葉をマスターしていけるのが特徴です。

 

言葉を覚えるにはたくさんの言葉を耳から聞かなければなりません。

 

アンパンマンと一緒にたくさんの言葉を知る機会になるかと思います。

 

 

 

学研ステイフル ニューブロック たっぷりセット

ニューブロックの遊ぶ方は無限大です。

いろいろなパーツを組み合わせて、さまざまな創造物を作り出す事ができます。

 

親も夢中になりかねないニューブロック。

 

集中力・想像力・構成力とどれも子供が成長するのに欠かせません。

 

ブロックをとおしてできたを実感して、子供の自信に繋げてあげたいですね。

 

 

 

キネティックサンドセット テーブルセット

不思議な砂として有名なキネティックサンドのテーブルセットとなります。

 

室内でいつでも砂場遊びができます。

 

砂場遊びは子供にとって欠かせません。

 

形が作りやすい砂ですので小さな子供でも十分に楽しめます。

 

こちらの砂場でしっかりと砂遊びになれたら、公園に出かけて、大きな砂場で自由に遊びたいですね!!

 

 

 

レゴ (LEGO) デュプロ

ひと言でいって大きなレゴの事です。

レゴにはさまざまな種類があり常に進化していますが、レゴデビューはレゴ (LEGO) デュプロで決まりですね。

 

レゴ遊びは本当に奥が深くて、何歳になっても楽しめます。

 

もちろん大人だって楽しめるのがレゴ。

 

お友達が来ても、一緒に遊べますね。

 

レゴをものすごく高く積み上げてみたり、お城を作ってみたり、ごっこ遊びをしてみたり、数を数える勉強をしてみたりといろいろな遊びに応用がききます。

 

子供の考える力を養い、指先の器用さをつけるのにうってつけのおもちゃとも言えるでしょう。

 

 

 

はじめてのおままごと サラダセット

おままごとは療育にとって欠かせません。

おままごとはまさにごっこ遊びであり、見立て遊びなのですね。

 

こちらのセットはマグネット式で、小さな子供でも安心して野菜を切る練習ができます。

 

マグネットの感覚が非常に良いですね!

 

パーツは気で出来ていて、マグネットでくっつくようになっていますので、何回切っても大丈夫!!

 

お母さんが作っているサラダをこちらのおままごとセットで作ってみましょう!

 

そしておいしく食べましょう。

 

こうしたごっこ遊びの積み重ねが子供の想像力を豊かにして、コミュニケーションの基礎を作り出してくれます。

 

 

 

KAWAI ミニピアノ

ピアノを弾くと音が出ます。

おもちゃだけど確かにピアノの音色で、たしかな楽器です。

 

楽譜が読めなくても叩けば音が鳴ります。

 

楽器を触れる喜びを味わってもらう事ができると同時に音への感受性を高めてくれます。

 

音感は年齢が小さいほどつきやすいと言われています。

 

子供が音楽を好きになる第一歩に繋がる事でしょう。

 

音の鳴るおもちゃはたくさんありますが、電池を入れて鳴らす電子音のおもちゃよりこちらをおすすめします。

 

 

 

ミッフィーはじめてのスイスイおえかき

大きなシートの上で自由におえかきをする事ができます。

専用のシートは水に濡らす事で発色するので、部屋や服を汚すことなく存分におえかきをして遊んでもらえます。

 

まだ上手にペンを持てない時期でも、手形をぺったんとして絵を書く感覚を楽しまます。

 

ハイハイができる時期から、ペンを持って絵に興味を持ち時期まで幅広く遊べますね。

 

水が乾くと絵が消えますので何度も何度も繰り返して遊べます。

 

自由に好きなだけ絵を書いてもらう事が大切です。

 

こちらのおえかきセットで物足りなくなってきたら、くれよんデビューの時期ですね!

 

 

 

NEW ひらがなつみき

積み木を遊びながらひらがなを覚える事ができます。

最初は「ひらがな」の意味がわからなくても、ひらがなに触れる事が大切です。

 

親と一緒に積み木のパネルを見ながら「いぬ」「かさ」「さる」など言葉を覚えていく事ができます。

 

知的玩具に定評のあるくもんのベストセラー商品です。

 

身近な言葉を通して、自然にひらがなを覚えていく事ができます。

 

「勉強」と意識せずに、親子遊びの中でひらがなを習得していく事ができるのが最大の魅力です。

 

 

 

ビーズコースター

ビーズコースターって子供にとっては夢中になるみたいですね。

ビーズを掴んで、動かしていく感覚が面白いのでしょう。

 

よくお店の子供コーナーにおいてあり、多くの子供がハマっている姿を見て、誰でも楽しめるんだと思いました。

 

子供が成長したあと、遊ばなくなっても部屋のオブジェとしても使えそうで!!

 

 

 

プラレールをはじめよう!レールベーシックセット

子供が大好きなプラレールもけっこう頭を使います。

 

きちんとレールを敷いてあげないとプラレールは走りません。

最初は楕円形の線路を作ることを目指して、徐々に分岐点などを作っていったり、本格的な線路を作りましょう。

 

けっこう頭を使います!!プラレールが走り続けられる線路を作ろうと思うと大変な作業になります。

 

パーツごとに追加購入する事ができるので、自分の部屋の広さの限界までプラレールの世界を広げることができますよ。

 

 

 

コメント