発達障害を受け入れられないのは当然です|時間をかけて現実を受け止める以外にありません

<スポンサーリンク>




発達障害や自閉症スぺクトラムは生まれたての頃はその障害に気付く事は少ないと言われています。

 

子供が成長するにつれてまわりの子供たちと何かが違う…という違和感が最初の気付きとなる事が多いです。

 

行動が少しおかしかったり、発語がなくても、子供は成長するし「できる」部分もたくさんあったりして余計に親を混乱させます。

 

親は自分の子供が障がいがあると認めたくないものです。

 

私も最初は信じられなかったし、そのうち成長するものだと思っていました。

 

ただ、障がいは治るものではありません。

 

子供に感じた違和感こそが発達障害の正体でもあります。年齢を重ねるにつれてその違和感は徐々にはっきりした発達障害の特徴として出始めます。

 

まずは逃げない事から

発達障害の特徴は子供によってさまざまで、専門書を読もうが、たくさんのサイトを見ようが必ずこれ!と完全一致する事は少ないです。

 

発達障害の特徴の出方は実に幅広く、子供の小さいうちは専門家でもその診断をつけるのが難しい場合もあります。

 

ただ医療機関などで診断をつけて、早期に療育を開始する事で、子供の成長を促して、子供が生きやすい環境を作ってあげる事ができます。

 

障がいを治す事はできませんが、少しでも社会の中で生きやすいようにもっていってあげるのが、親の役目でもあります。

 

現実から目を背けるのではなくて、現実をしっかりと見て子供の為に何をしてあげられるのかを考える必要があります。

 

 

子供の障がいがわかった時の親の心

医者から「この子は軽度知的障害を伴う自閉症スペクトラム」と診断を受けた時は信じられない気持ちでした。

 

子供の障がいを受け入れるのはそんなに簡単な事ではありません。

 

目の前にいる子供は何も変わりありません。しかし、医者からは厳しい現実を突きつけられた事になるのですからね。

 

子供の成長が遅い事をまわりから、「しつけが悪い。」「子供の甘え。」など指摘されて悩んでおられる方もおられるのではないでしょうか?

幼稚園など教育機関や親族、近所の方から子育てに問題があると言われ続けると親としての自信がなくなってきます。

 

そうやってまわりからも責められて余計に自暴自棄になってストレスをためてしまいます。

 

ただし、障がいと言う診断を医者からもらう事で、親のしつけの問題ではなく、持って生まれたものだという事がはっきりして今後の方向性を見出しやすくなるのも事実です。

 

子供に障がいがあるとわかってショックを受けると同時に、いままでモヤモヤして何が原因かわからない子供への違和感がはっきりするのも事実なのです。

 

 

受け入れられない現実

医者から子供の障がいについて告知された時は、信じられない事もあるかと思います。

 

たとえ医者に言われても、そう簡単に現実を受けれる事ができないのは当然だと思います。

 

もしかしたら医者のいう事が間違っていると思われる方もいるかと思います。

 

それも当然だと思います。

 

発達障害の場合、見た目に障がいもわからないし、毎日一緒に楽しく暮らしてきた現実が打ち壊される感じがするからですね。

 

ただ同時に医者に診断を受けても、目の前の子供は何も変わらないし、家に帰れば今まで通りの日常がまっています。

 

私は医者から診断を受けてからは、どうして自分の子供が障がいをもっているのかとイライラし続けましたし、子供の将来の事を考えると考えがどうしても悲観的になってしまって鬱状態に入った事もあります。

 

仕事にいってもやる気が起らないし毎日、大きな疲労感を感じながら過ごしてきました。

 

それでも時間を過ぎていきます。

まるでゴールのない迷路の中にいるような感じがしますが、徐々に現実を受け入れる事ができるし、障がいがあっても、この子は幸せに生きていけるんだと思えるようになりました。

 

 

親が親としてやれるだけの事をしてあげよう

「私が子供に伝えてあげられる事を何なのか?

将来、この子は社会で生きていくうえで必要な事を身につけさせてあげよう!」

 

徐々にそういった前向きな感情も生まれてきて、子供の未来を考える事で、逆に自分のモチベーションに変わる時期が来ました。

 

 

子供の成長で悩んでおられる方はたくさんおられるはずです。

一番大切なのはは目の前の子供の事です。

 

子供にとってベストを考えてあげる事で道は開けてきます。

 

子供の成長は本当に千差万別で育児書を読んだり、インターネットで調べて解決するものではありません。

 

ただひたすら目の前の子供と向き合って、親としての役目を果たしていく事で、少しづつ前に向かって歩いていく事ができるのです。

 

それはどんな子供に対しても同じです。障がいがあろうとなかろうと、グレーゾーンであろうと同じ事なのです。

 

子供と一緒に生きていくうちにさまざまな経験をする事でしょうし、子供に多くの事を教えられる事でしょう。

 

それを乗り越えて「親」としても成長を遂げることができるのです。

 

 

コメント